ブログ

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

ブログ

2022/06/27
口腔カンジダ

こんにちは、歯科衛生士の森本です

むしむし暑い日が続いて夏が来たって感じですね!夏は日焼けが気になりますが、外で過ごすのも結構好きです☺

晴れた日にピクニックとか最高ですよね♪

今度ぜひしてみようと思います

さて今日は

お口のなかの悪いやつら

〜油断大敵!カビの仲間カンジダ〜

についてお話していきます。

☆抗生物質が効かない疫病神

カビの仲間は真菌と呼ばれ、これまで取り上げてきた細菌とは異なる微生物です。真菌類は動植物を分解して土俵に戻す自然界の清掃屋として、地球環境の保護に重要な役割を果たしてくれています。また、日本酒は真菌である酵母なしには作れません。

真菌のカンジダは、口、腸、膣、皮膚などに常在菌しています。健康な人たちには病原性を発揮しない微生物ですが、抵抗力の落ちた人に「日和見感染症」を引き起こす疫病神の代表格です。

細菌が起こす感染症の特効薬と言えば抗生物質。

抗生物質は細菌を駆逐しますが、やっかいなことに真菌のカンジダには効き目がありません。それだけでなく、細菌感染症を治そうと抗生物質を長期間使用すると、カンジダと縄張り争いをしている常在菌が消えてカンジダが生き残り、勢力の拮抗が破錠します。するとカンジダ爆発的に増え、日和見感染症であるカンジダ症を発症させてしまうのです。

☆高齢者の免疫低下を狙って虎視眈々

また、私たちに備わってる自然免疫は、通常はカンジダがやすやすと増えないように抑え込んでくれています。ところが高齢になって免疫力が低下すると、カンジダはその隙をねらって増殖し、ヌルヌルベタベタするバイオフィルム集団をつくり舌や口蓋、頬粘膜などにくっついて、かゆみやピリピリとした痛みのある炎症を引き起こします。これが「口腔カンジダ症」です。

口腔カンジダ症を予防するために1番大事なのは、お口のなかを清潔にすることです。特にカンジダは舌の上で増えやすいので、歯磨きのあとに、舌やブラシで舌をごく軽く擦ってお掃除するのが効果的です。

また、油断してはならないのが、入れ歯の表面にヌルヌルと付着するバイオフィルム。

この正体も実はカンジダです。入れ歯に着いたカンジダは、「義歯口内炎」を引き起こす張本人です。通常であればたいしたことない入れ歯による刺激を、つらい潰瘍へと悪化させてしまいます。

☆入れ歯をお手入れして発症の予防を!

このヌルヌルの除去にいちばん効果的なのが、入れ歯用のブラシなどを使ってこすり落とす方法です。その次に効くのが、入れ歯洗浄剤を使った除菌。入れ歯用ブラシで磨いてから入れ歯洗浄剤にドボンと漬けるのがカンジダ退治にもっとも有効です。両方行うことで清掃効果がさらに上がるので、洗浄剤に漬けるだけでなく入れ歯磨きもし、1日1回はしっかりとヌルヌルを取り除いて口腔カンジダ症や義歯性口内炎を防いでいきましょう。

image0.png

2022/06/20
金属アレルギー 歯科の銀歯

こんにちは! 歯科衛生士の萩原です。

先日初めてキンパ(韓国風のり巻き)を作りました。

す巻きを使うのはほぼ初めてだったので苦戦しましたが、無事に2本巻くことができました

ですが断面を綺麗に出すことはできず、太巻の奥深さを知ったのでした(╹◡╹)。。

綺麗に巻ける方ってすごいですね!YouTubeで巻く勉強をして、上手に作れるようになりたいなと思いました。(^ ^)

さて、今回は「金属アレルギーの治療」というタイトルですが、金属アレルギーと治療のガイドライン、治療方法などは確立されていないそうです。

そこでまず、

金属アレルギーとはどのような疾患なのか?

また、どのように診断し、治療はどのように進むのかを説明したいと思います。

金属アレルギーの症状となる皮膚症状にはさまざまな原因がある

金属アレルギーは2種類に分けられます。1つは「局所性の金属アレルギー」であり、症状としてはネックレスやピアスなどが直接触れる部分が局所的に赤くなるものです。

もう一つは「全身性の金属アレルギー」で、原因とは離れた場所にアレルギーが起こるとされ、主に手や足に症状が出現することが多いです。

歯科が大きく関わる歯科金属アレルギーはこちらに分類されます。

金属アレルギーに含まれる歯科金属アレルギーとは、口腔内に存在する金属パラジウム合金などが原因で、口腔内や皮膚に炎症が起きる疾患のことです。

50歳代の女性に多いとされていて、 口腔内の金属を除去していくと、皮膚の症状なとどが治ることもあります。

ですが、実は皮膚に症状が出る原因は山のように存在し、歯科金属はそのごく一部にしか過ぎないそうです。

つまり、皮膚に症状が現れているからといって、決してすべてが金属アレルギーだと視野を狭めるのではなく、治療にあたっては皮膚科医と連携をして、多角的にいろんな原因を排除しながら口腔内の金属性の詰め物や装置を疑っていく必要があります。

慎重な対応が求められるんですね。

今回は以下に疑わしい要因を挙げたいと思います。

接触性皮膚炎が疑われる原因

*日用品...接触皮膚炎、刺激性皮膚炎

ヘアダイ、シャンプー、リンス、洗剤、衣類(ホルムアルデヒド)、メガネ(染料)、ゴム手袋

*化粧品...アレルギー性接触皮膚炎、刺激性皮膚炎

下地クリーム、乳液、ファンデーション、化粧水、パック剤、サンスクリーン剤、アイシャドー、マスカラ、口紅、リップクリーム、頬紅、ジェルネイル

色素沈着...香料、色素

光接触性皮膚炎...紫外線吸収剤

(香料、パラベン、ホルムアルデヒド、ホルマリン、ラノリン)

*植物、食物...刺激性接触皮膚炎

イラクサ、ニンニク、パイナップル、キウイフルーツ、アロエ

アレルギー性接触皮膚炎

ぎんなん、セリ科、アブラナ科、キク科、ウルシ科、柑橘類、健康食品(プロポリス、キチン、キトサン)

サクラソウ

*金属...アレルギー性接触皮膚炎

アクセサリー、コイン、時計、革製品、ステンレス、塗料

全身性接触皮膚炎

歯科金属、食物

(ニッケル:パックル、腕時計、アクセサリー、コイン

コバルト:メッキ、青色系染着料、セメント

クロム革製品、塗料、印刷()

*医薬品...アレルギー性接触皮膚炎 

抗菌薬、抗真菌薬、非ステロイド系消炎薬、ステロイド外用薬、点眼薬、消毒薬、潰瘍治療薬、保湿剤

光接触皮膚炎 

非ステロイド系消炎薬(ケトプロフェン、スプロフェン、ピロキシカム)

全身性接触皮膚炎

座薬、膣剤

((抗菌薬:フラジオマイシン、ゲンタマイシン

抗真菌薬:イミダゾール系

消炎鎮痛薬:ブフェキサマク、イブプロフェンピコノール

局所麻酔薬:ジプカイン、リドカイン

鎮痒薬:ジフェンヒドラミン、i-メントール

点眼薬:緑内障薬、抗菌薬、抗アレルギー薬

消毒薬:ポピドンヨード、塩化ベンザルコニウム、グルコン酸クロルヘキシジン

保湿剤:アズレン))

職業性

美容師、パン屋、菓子職人、機械工、自動車修理工などに頻発

刺激性皮膚炎(化学熱傷を含む)

農薬、酸、アルカリ、フッ化水素、セメント、灯油、過酸化水素

アレルギー性接触皮膚炎

金属、レジン、ゴム、切削油、合成洗剤、消毒薬

アレルギーの症状が出ると辛いですよね>_<

今回はざっくりとした分類でしたが、

次回は内容をもう少し掘り下げてお話を進めたいと思います。

2022/06/13
態癖について

2022/06/06
口腔内細菌について

こんにちは、歯科衛生士の森本です

最近は雨が多いので休みの日はおうちで過ごすことも多いですよね

私は最近ご飯の作り置きにはまっていて毎日なんのおかずを作ろうか迷ってます!

和食が好きなので和食ばっかり作ってしまいますが、洋食も上手になりたいので練習しようと思います☆彡.。

今日はお口の中の細菌についてお話していこうとおもいます!

お口のなかの悪いやつら

〜ならず者集団アグリゲイティバクター・

                      アクチノミセテムコミタンス菌〜

☆長い線毛で絡みつく強固な悪玉集団

このとてつもなく長い名前のアグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス菌は、「凝集」(アグリゲイション)する「桿菌」(バクター)を意味する属名と、「放線菌」(アクチノミセス)と「いっしょ」(コミタンス)を意味する種名をもつ細菌です。イニシャルでA.a菌と呼ばれます。

A.a菌は極めて進行の早い歯周病の歯周ポケットから見つかる細菌で、菌体の周囲の長い線毛が特徴です。

培養すると、この線毛で仲間同士が絡まり合い、試験管の壁にへばりつくバイオフィルム集団となります。

この最近が恐ろしいのは、歯周ポケットの中で歯根にくっつくと、しつこいバイオフィルムをつくって極めて進行の早い歯周炎(歯を支える骨が失われ、ついには歯が抜けてしまう)を引き起こすことです。

多くの人がかかっている慢性歯周炎(じわじわ進行のする歯周炎)は歯の周りにバイオフィルムがたくさんつき、歯石の沈着などもみられるので、炎症を引き起こした原因がある意味わかりやすい面があります。

しかし、A.a菌が作り出すバイオフィルムの場合、デンタルプラークの量が多くなく目立たないにもかかわらず、歯を支える歯槽骨が急速に失われてしまうのです。

☆外毒素爆弾を発射、内毒素ガスを放出!

いったいなぜA.a菌がこのような猛烈な被害をもたらすのか。そのわけは、それらがもつ武器の威力にあります。そのひとつが「白血球毒素」と呼ばれる外毒素です。これは免疫の最前線で働くマクロファージを破壊する爆弾で、A.a菌はこれをガンガン発射します。

それらは「細胞致死性膨化毒素」という不気味なな武器を持っています。これは免疫細胞をパンパンにふくらませ傷つけるものとされるもうひとつの外毒素で、A.a菌はこうした強力な爆弾で、免疫細胞の抵抗力を削いでしまうのです。

それに加えて、グラム陰性菌でA.a菌は内毒素も持っています。この内毒素は、歯茎や歯を支える骨に炎症を起こし、破壊してしまう毒ガスです。

本来なら私たちを守ってくれる免疫細胞を外毒素で傷めつけたうえで、内毒素を使って炎症を起こし、歯周炎をやすやすと進行させるのがA.a菌の手口です。

A.a菌が歯周 ポケットの中で長い繊毛を絡み合わせ、密かにつくりあげるしつこいバイオフィルムは、患者さんの歯磨きだけでは決して取り除くことはできません。これは慢性歯周炎の治療でも言えることですが、ましてA.a菌が相手ともなると、歯科のプロによる「早期の治療」が必須です。

A.a 菌に感染すると、若い人でも歯を支える骨の破壊がどんどん進行し、治療が遅れると歯をつぎつぎと失いかねません。若い頃からの定期的な歯科受診をおすすめします。image0.jpeg

2022/06/03
電動歯ブラシ、セルフケアについて

こんにちは!歯科衛生士の萩原です^ ^  

最近のマイブームはわらび餅です♪ 

先日初めて作ったのですが、お鍋でクルクルかき混ぜてたら突然プルプルになってびっくり。笑

化学の実験みたいで楽しかったのと簡単に美味しく頂けるので、密かにわらび餅のファンになってしまいました。

さて、毎日がんばってお口のケアをしているのにらいまいち効果が実感できないということ、ありませんか? もしかしたら、歯ブラシや歯磨き粉など、オーラルケアグッズの機能を十分に引き出せていないせいかもしれません。

例えば、、電動歯ブラシに研磨剤の入った市販の歯磨き剤を使ったりしていませんか??

歯科取り扱いのハイモデルの電動歯ブラシや、家電量販店でピックアップされている音波歯ブラシ、、洗浄力や機能を過信して、説明書の通りに当てているけど、イマイチザラザラする。歯茎が下がってしまった気がする。。そんなふうな満足感が無ければ、扱い方が間違っている可能性が高いです。

普通の歯磨き粉、、(一般的に研磨剤が配合されている歯磨き粉)を用いて電動や音波ブラシを使用すると、含まれる研磨剤が歯を傷めてしまうことがあります。また、知覚過敏を誘発したり、症状を悪化させてしまうこともあります。

電動歯ブラシ専用の歯磨き剤か、「研磨剤無配合」、

ジェルタイプの歯磨き剤を使用するのがオススメです^ ^

一般的な歯磨き剤にはプラークを効率的に落とせるよう、研磨剤が入っていることが多いです。この研磨剤はほとんどが手で磨くぶんには問題がないレベルなのですが、磨く力の強い電動や音波歯ブラシだと、長期間の使用で歯を傷つけたり、傷めたりすることがあります。

特に知覚過敏が出やすくなるのは、上下の前歯の表側や、歯ブラシが当たりやすい35番目や奥歯の頬側など。歯の表面が削れて凍みることが多くなることも。。

電動や音波歯ブラシを使う際は、メーカーが推奨している専用のものや、ジェルタイプや液体タイプの歯磨き剤がよいでしょう。

また、歯茎に向かって当てたりすることで、知覚過敏の他に歯肉退縮を誘発することもあるので、電動や音波歯ブラシを使用されている方は、一度正しい取り扱い方を、専門医や歯科衛生士に聞かれることをオススメします。

ご購入を検討している方も、おすすめの商品や製品を相談してみると良いですね!^ ^

今回は電動歯ブラシと歯磨き剤の関係についてお話ししましたが、他にも患者さんごとに合った道具や器材の扱い方があり、皆さん11人違います。

ダイヤモンド歯科では11人のお口の状態に合わせた歯ブラシや道具を選んで、歯磨き指導をさせて頂いています。

気になることやお聞きになりたいことがございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。^ ^

IMG_1505.png

2022/05/30
口臭について

口臭について

皆さん、こんにちは☆★

歯科助手の堀岡です。

今年も、桜の季節になりましたねヽ(´▽`)/

なかなか外出も気軽には難しいですが、通勤時に、桜並木が日に日にピンク色に染まってくるのをみると、元気を貰えます☆★

そして、春といえば、、、花粉症(>_<)

去年は咳喘息になってしまったので、今年は、ヨーグルトを食べて免疫力の強化を試みています。

脂質と糖質の摂りすぎは避けたいところですが、効果を期待します♪( ´▽`)

さて、今回お話させて頂くのは、口臭についてです。

外にいるときなど、たまにお口のにおいがプーンとすることがあります。

自分は大丈夫か、皆さんも、気になったことはありませんか?

口臭の原因のほとんどは、お口のなかにあります。

むし歯、歯周病、お口の渇き、舌の汚れ、口内炎、入れ歯の汚れなど、さまざまなお口のトラブルが口臭の原因になります。

胃が悪いのでは?、内臓からにおいがきているのでは?、、と心配する方も多いですが、胃や内臓が原因の場合は、よほど病状が悪化しないと、他人が感じるほどの悪臭が口から出てくることはありません。

お口のなかには沢山の微生物がいて、このうち、嫌気性菌とよばれる酸素を嫌う細菌は、生きてくためにタンパク質を分解して栄養源とします。このタンパク質の分解過程で、不快なにおいをもつ口臭物質が発生します。

歯周病細菌には、嫌気性菌が多いので、歯周病のかたは口臭が強くなりやすいです。

もっとも口臭が発生しやすい場所は舌です。

舌をベーッと出して、鏡をみてみてください。

舌の表面に汚れが溜まっていませんか?

舌の表面に蓄積した苔状の堆積物を、舌苔といいます。

舌苔には、細菌などの微生物、唾液の成分、お口の粘膜から剥離した細菌、血液の成分、食べかすなどが含まれています。剥離した細胞と、唾液や血液の成分はタンパク質です。

すなわち、悪臭を作り出す細菌と、その栄養源となるタンパク質の両方が、舌苔には豊富に存在しています。

歯周病になっていたり、口呼吸をしている、唾液が少なくなっている、喫煙者のかたは、舌苔がつきやすい傾向にあります。

舌苔を落とすには、舌ブラシがおすすめです。奥から手前に、舌の表面をやさしくなぞるように動かしましょう。

また、新型コロナウイルスの感染予防のためにマスクが必須になっていますが、じつは長時間のマスクの着用も、口臭のリスクになります。

マスクをするとお口を動かすことが減り、水分の摂る回数も減ります。

息苦しいので口呼吸にもなりがちです。こうした状態では唾液が少なくなり、お口が渇きます。

また、マスクの内側は空気の循環が悪く、お口に二酸化炭素が溜まります。すると口内が酸性に傾き、細菌のバランスが乱れて、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

口臭予防のコツは、

お口の健康を保つこと、

お口が渇かないようにすること、

舌苔を減らすこと

です!

また、定期的な歯科検診も心がけましょう☆★

2022/05/16
唾液の働き

こんにちは。助手の上村です。

みなさんは唾液に色々な働きがあることを知っていますか?

実は、日頃生活している中で、唾液は口腔内の組織をなめらかにして飲み込む機能や、発音に関わる機能をサポートするだけでなく、歯や粘膜などに起こるトラブルからさまざまな方法で防御しています。

今回は、そんなトラブルから守ってくれる『唾液の働き』についてお話させて頂きたいと思います。

唾液の主成分は何でできていると思いますか?

正解は99.4%水で出来ています。あとの0.6は無機質と有機質になります。その0.6しか存在しない成分が口腔の機能に重要な役割を果たしています。

【無機質と有機質の成分】

・無機質・・・主なものはナトリウム、カリウム、塩素、カルシウム、リン酸および重炭酸

微量元素はフッ素など

・有機質・・・糖タンパク(ムチン)、免疫グロブリン、酵素(アミラーゼ、リゾチーム、ペルオキシダーゼ )、アミノ酸、グルコースなど

たった0.6でも無機質と有機質にもこれだけの成分が含まれています。

そしてここからは、その成分の作用と役割を6つに大きくわけてお話していきます。

①洗浄作用

唾液の水分はプラーク(歯垢)中の酸を洗い流す作用だけでなく、表層下脱灰層(初期のむし歯)の酸を洗い流す作用もあります。

②緩衝作用

まず"唾液の緩衝能"とは、口腔内に作用した酸やアルカリ性を中性に近づけようとする(元に戻す)働きのことをいいます。

③再石灰化作用

無機質の主な成分に含まれる、カルシウムとリンが作用し、表層下脱灰層(初期むし歯)のエナメル質の結晶を新しく形成し、元の健康な状態に戻します。

④潤滑作用

有機質の成分に含まれる、糖タンパク質(ムチン)により、口腔粘膜の滑りを良くし、水分とともに咀嚼や嚥下を容易にします。

⑤抗菌作用

口から入ってくる細菌の増殖を、酵素(リゾチーム、ペルオキシダーゼ など)、免疫グロブリンなどによって抑制します。また、がんの原因にもなる活性酸素 )を減少させるとも言われています。

⑥消化作用

酵素(アミラーゼ)が、食べ物に含まれるデンプンを分解し、胃で消化されやすい状態にします。

ここには主な6つの作用をあげていきましたが、他にも体液量調節作用や内分泌作用など沢山の作用があります。

通常、健康な成人は、1日あたり平均1L〜1.5L(大きなペットボトル1本分ぐらい)もの唾液を分泌しています。ですが唾液の分泌は、夜になると減少していきます。それに伴い、唾液の作用とその機能も低下していくため、細菌は増殖していきます。

では、何故唾液が出づらく、減ってしまうと思いますか?

それは以下の原因が唾液の分泌減少に多いと言われています。

・加齢

・ストレス

・糖尿病

・口腔乾燥症

・口呼吸

・放射線治療

・喫煙 など...

みなさん人それぞれ原因も違うため、治し方など違ってきます。ご自身の唾液の分泌の低下について気になることがありましたら、当医院でも、気軽にご相談ください!

2022/05/02
スタンダードプレコーションについて

スタンダードプリコーションについて

こんにちは、歯科衛生士の森本です☆

あたたかくなり春らしくなってきましたね

皆さんはお花見はされましたか?

私は毎日通勤する時に道にある桜を見ながら仕事に行っています✿

春は桜のスイーツやお花が綺麗な季節なので私はとても大好きです☺︎︎︎︎

最近のマイブームはおうちカフェすることにはまっています!

オシャレなケーキを買ったり、自分でケーキを焼いたりしてのんびりティータイムをするのもなかなかいいですよね。

最近食べたケーキの中で1番美味しかったのは桜のモンブランです桜のフレーバーはすごく好きなので今のうちに堪能しようとおもいます!!

さて今日は  コロナ禍で以前よりも感染予防が重要視されてる現代で、歯科の感染予防についてお話していきたいと思います。

〜これがスタンダードプリコーション〜

       普段も不繊布マスクと手袋

他の医療分野と歯科の感染管理の違いがわかりやすいのが診療時のマスクと手袋。歯科ではパンデミックが起きる前から通常診療でずっと使ってきました。

歯科医師、歯科衛生士の仕事に欠かせないのがマスクとグローブ。今でこそさまざまな医療分野で使われていますが、コロナ前からこれらが標準装備だった医療分野は、おもえば歯科くらいだったかもしれません。

以前はマスクやグローブをしていると「なぜこんなに厳重に?」と不思議に思われるときもあったようです。でもパンデミックを経験した今ならこうしたスタンダードプリコーションに基づく感染防護が、患者さんや社会のためになることを、多くのかたが理解して下さると思います。

歯科で行われてるスタンダードプリコーションの根底にあるのは、「細菌・ウイルス感染の拡大を防ぐこと=社会貢献だ」という考え方です。

診療を介し感染をひろげない。そのためには、自らがスプレッダーにならないようしっかりと予防をする、というわけです。

もし患者さんに感染した方がいて、私たちが感染してしまったら、今度は私たちが患者さんにうつしかねません。家族や同僚にも感染が拡大しかねません。感染リスクが高いとされる仕事だけに、厳重な予防策が必要なのです。

コロナに立ち向かう医科の方々に歯科が苦労をかけてはならない」とスタンダードプリコーションを励行していることが、結果的に歯科医療従事者の感染を防ぎ、ウイルスの媒介をブロックして、社会貢献になってるのなら、これほど嬉しいことはありません。

みなさんもコロナ感染対策をしっかりして体調にはお気をつけください。

2022/04/17
歯周病と皮膚トラブルの関係

皆さまこんにちは! 歯科衛生士の萩原です。

最近のマイブームは最強スープです^ ^

いろんな野菜をダイス状にカットしてからお鍋に入れて、オリーブオイルを入れて煮込むだけなのですが、お出汁やお味噌で味付けしたり、トマトを入れたりして味変しています。

健康にも良くて、免疫が上がるそうなので、ぜひ一度お試しくださいませ

さて、今回はタイトル通り、歯周病と関連する皮膚症状についてお話します。

歯科と大きく関連する皮膚症状として、いちばん代表的なものが「掌蹠膿疱症 しょうせきのうほうしょう」です。  手のひらや足の裏などに膿が溜まった小さな水ぶくれができ、良くなったり悪くなったりを繰り返す疾患です。

*掌蹠膿疱症......小さな水ぶくれ(水泡)からできる嚢胞。できはじめにかゆみを伴うことが多く、しばらくすると膿疱が乾いて茶色のようなかさぶたとなり、剥がれ落ちる。

掌蹠膿疱症は、お口の中の炎症と関係していて、歯周病を治療して健康な状態をキープできれば治るかもしれないという報告がされています。

詳しく説明をすると、、

皮膚症状のひとつである掌蹠膿疱症の原因は、金属アレルギーのほか、慢性炎症、喫煙とされていますが、最近では金属アレルギーよりも慢性炎症である可能性が高いということがわかってきました。

つまり、"お口の中の炎症"と大きく関係するということです。

歯周病にかかると、「炎症性サイトカイン」という、身体に炎症を引き起こす物質が作られます。

この炎症性サイトカインが血液を通って皮膚へ伝わり、症状を起こす可能性があるのです。

つまり、歯周病の治療を進めると掌蹠膿疱症は治っていくこともある、ということです。

このことは、すでに多くの論文で報告されているそうです。

掌蹠膿疱症については歯周病の他にも、扁桃腺の炎症が原因で関与している場合もあり、扁桃を摘出すると80パーセントの患者さんが改善傾向を示すと言われています。

これらは最近になって分かってきたことで、扁桃腺が関わる可能性がある場合は、歯科医師が担当の皮膚科医と連携をとって、相談をしながら進めていくことになります。

ちなみに、歯茎のほとんどが腫れているとして、その面積は成人の掌の1枚分に相当するそうです。

お口の中で炎症を起こしている面積がそんなに大きいのなら、連鎖して身体に反応するのも納得ですね。

まずはお口の中の炎症の原因となる歯周病を治して、

炎症サイトカインを無くす事が1番の解決策のようです。

健康な状態をキープするためにも、日頃の歯磨きによるセルフケアと、歯科におけるプロフェッショナルケアでお口の中を守り続けることが重要ですね^ ^

口腔内の健康を守りながら、全身の健康につなげましょう♪

IMG_1290.png

2022/04/01
赤ちゃんと虫歯のQ&A

こんにちは!保育士&歯科助手の室井です(*^^*)
桜が咲き始めあちこちで春を感じられる様になりました。
心地好いぽかぽか陽気と新たな出発の季節。
入園入学、入社を迎える方。おめでとうございます(*^^*)
我が子も4月から進級し新たな保育園生活がスタートします。
皆さまも楽しく充実した1年を過ごされますように...☆
今回は、赤ちゃんと虫歯に関する内容を、Q&A方式でまとめてみました★
1歳の我が子の様子も載せておきます。
何かの参考になれば嬉しいです。
[赤ちゃんと虫歯 Q&A]
Q.乳歯の生える時期や順番は?
A.生後6カ月頃→下の前歯2本
(息子 生後7カ月前半)
 生後10カ月頃→上の前歯2本
(息子 生後7カ月後半)
 1歳頃
 →上下2本ずつ生え、計8本へ
(息子 生後11カ月)
 2歳頃
 →前歯と奥歯の間の歯(乳犬歯)
 2歳半頃
 →奥歯(第2乳臼歯)が生えて、
 20本の乳歯が揃う
 
※あくまで平均になりますので、これらには個人差があります。
Q.小さな赤ちゃんも虫歯になるの?
A.もともと赤ちゃんの口の中は綺麗で、虫歯菌は存在しません。
ですが、生後 6カ月頃から生え始める赤ちゃんの歯は、大人の歯に比べてエナメル質が弱く溶けやすいため、むし歯になりやすいという特徴があります。
Q.何が赤ちゃんの虫歯の原因になる?
A.口腔内の 3 つの要素(細菌・砂糖・唾液)の悪い条件が長時間重なる、または
重なる頻度が高いほど、むし歯が発生しやすいといわれています。
細菌 (ミュータンス菌)という虫歯菌です。産まれてすぐの赤ちゃんの口の中には存在しませんが、
大人が噛んだ食べ物を与えると赤ちゃんへむし歯菌がうつるといわれています。
 砂糖 歯を溶かす「酸」の原料は糖質です。母乳に含まれる乳糖も糖質に含まれますが、
特にむし歯を作りやすいのは砂糖(ショ糖)です。甘いお菓子やジュースには砂糖が多く含まれています。
唾液 唾液は「酸」を中和する役割があります。睡眠中は唾液分泌が少ないため、大人より睡眠時間が長い赤ちゃんは中和する働きが弱いのです。
Q.どんな事で赤ちゃんに虫歯ができる?
A.・口にキスをする
 ・咀嚼したものを食べさせる
 ・タオルや歯ブラシの共有
 ・食器の使い回し
 ・飲料や食べ物での糖質の摂取 など。
Q.虫歯にならないようにするには?
A.① 家族でむし歯を治療する
 家族がむし歯を治療し、周りの大人が健康な口の状態を維持することで、むし歯菌が赤ちゃんへ移行するリスクが減ります。また、仕上げ磨きにも自信が持てます。
② 補完食のあげ方に気をつける
補完食は5~6カ月頃から始めますが、噛むことで唾液の分泌量が増え、酸が中和されやすい環境が作られます。補完食開始後の水分補給には、砂糖が含まれる果汁やイオン飲料、乳酸菌飲料は控え、水や麦茶などを利用しましょう。
大人と食器を共有したり、大人の口に入れた食品を与えたりしないように注意しましょう。
③ 赤ちゃんの歯のお手入れをする
前歯が生えてきたら、ガーゼか歯ブラシを使って最低でも 1 日 1 回はしっかりと歯の表面を拭きましょう。
上下の歯が生えそろったら歯ブラシを使うのが良いですね。
虫歯になりやすい場所は、歯と歯茎の境目、上の前歯の裏側、歯と歯の間、奥歯の噛み合わせの溝で、大人と同じです。
大人を真似したい月齢なので、親が歯磨きをしているときに歯ブラシを持たせると喜びます。
実際に歯を磨くことは時間をかけて習慣化しましょう。
歯が生える前から指で唇や歯肉に触れたり、マッサージすることも慣れるために効果的です。
上唇小帯(上唇と歯茎の間にあるひも状の筋)に触れられるのを嫌がる子が多いようです。
歯ブラシを持つ反対側の人差し指で上唇小帯をしっかり押さえるとよく磨けます。
④ 歯科検診に行く
 上下の前歯が生えてきたら歯科への検診をおすすめします。
この時点で初期むし歯が見つかるようであれば、食生活を見直す必要があります。
虫歯を防ぐためには、大人側の配慮やケアが必要な事、小さな赤ちゃんの口の中は虫歯になるリスクが高いことを改めて知りました。
我が子も幼児用ジュースを飲ませたり、間食でお菓子を食べさせたりしています。
まったく甘いものを与えないというのは、私の現在の生活環境からは中々難しいかと感じました。
「甘いものを過剰に与えすぎないこと」
「食べさせた後の歯磨き等のケア」
これらを意識して上手にコントロールしていけたらと思います。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます