ラミネートべニア修復治療 - 歯の豆知識

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

歯の豆知識

2022/06/20
ラミネートべニア修復治療

こんにちは、院長の菊地です。梅雨空が続きますが、その中で楽しいこと見つけ、日々臨床のことを考えています。暑さも日に日に増してきております、熱中症への予防も心がけましょう。

先日私の参加した勉強会について、お話をしたいと思います。

テーマはラミネートベニア修復治療です。

ラミネートベニア修復治療とはなんでしょうか。

歯の解剖学的構造から最表面にある、エナメル質を一層削るもしくはその上うに薄い(1mm前後)のセラミックスを接着する治療方法です。

クラウンというのは歯の全周を削り、被せ物をする治療です。まだ何も処置をされていない健康な歯を丸々削る治療は歯がどんどんなくなってしまうため、前歯におけるラミネートベニアの治療はとても有用性が高いと感じています。

もちろん、クラウンは根の治療で歯の噛む部分が大きくなくなってしまった場合は治療の意義は大いにあります。

ラミネートベニア修復治療の適用は以下のような前歯の場合です。

①変色歯

②形態異常歯(矮小歯→側切歯が円錐形に細い歯)

③隣接歯との間に歯間離開のある歯(俗にいうすきっ歯)

もちろん上記以外にも適応症はあります。

当院ダイヤモンド歯科では歯の削る量を最小限にとどめる治療を提供しております。

ラミネートベニア修復治療は少なからず、歯を削るためしっかりとした説明をし、歯の将来的な予後、機能そして美しさを予測しての処置を行います。

ラミネートベニア治療は歯を削る量が少なく、適応症に合致をすればとても良い治療だと思います。人それぞれ固有の歯の形や色などがございます。もとのある歯を活かして、綺麗にするそんな治療をご提供できればと思っております。もとの歯の綺麗な部分を活かしての治療になりますので、見た目という点ではとても綺麗に処置が可能です。

現在、むし歯や歯周病に対する予防という考え方が進んできております。

今後歯を削る治療というのは減少していくと思われます。矯正治療と組みさわせたラミネートベニア修復治療も今後ニーズが高まってくるように感じています。

私が今回参加したセミナーの講師である大河雅之先生は、日本の歯科界の発展のため尽力されている方で、とても素晴らしい、美しい治療をされております。大学の大先輩でもある大河先生からご教授いただきました治療を皆様に今後最大限ご提供できればと思っております。

私は今後もダイヤモンド歯科において、誠心誠意、治療に勤しみ、皆様のお口の中の健康、食べる喜びを得るために尽力をする所存です。また皆様に有益な情報はこの場でご紹介・共有させていただきたいと思います。

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます