コロナ第2波に備えて、お口の中から免疫力UP! - 歯の豆知識

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

歯の豆知識

2020/06/01
コロナ第2波に備えて、お口の中から免疫力UP!

こんにちは、勤務医の菊地です!

緊急事態宣言が解除になりました。

ニュースをつけてもコロナ一色で暗い話題が多いですが、少しずつではありますが日本全体、そしてここ川崎市麻生区の活気も出てきていると僕自身感じています!

今回は『お口の中から免疫力UP!というテーマでお話しします。

巷では免疫力を上げる食材、運動、休息など多くのテーマが取り上げれていますね。

ではそもそも、免疫力とはなんでしょうか?

それは人間の身体に備わっている、自己防御機構です。

この免疫には大きく2つに分けられます。

自然免疫

 身体に入ってきた病原体にいちばん最初に働くのが、この自然免疫です!原始的な生物からあるしくみで、これを担うおもな免疫細胞は、好中球やマクロファージといった食細胞(細菌などを食べる細胞)です。自然免疫を担う細胞は、微生物にあって私たちの細胞には無いさまざまな分子を認識する受容体(レセプター)をもっており、これによって微生物に速やかに反応してこれをやっつけようと常に機能してくれています!

獲得免疫

 自然免疫で対応出来ない病原や毒素を、特異的に見分け、それを記憶することで、再度同じ病原体が体内に入ってきた際に効果的に病原体を排除できる仕組みです。獲得免疫で働いてくれているのはリンパ球に分類される、T細胞やB細胞などです。自然免疫に比べると、働きが始まるまでにかかる時間は長く、数日かかることがあります。

それでは、お口の中での免疫反応はどんな時でしょう?

それは歯周病です!!!

お口は口腔と言われる身体でいう消化器系の入り口です!口腔~胃~小腸~大腸と消化器系は一つの管で繋がっています。消化器系には常在菌が存在します。人は常在菌と共生しおり、口腔内は約1000億個の菌がいます。口腔内で悪影響を及ぼすのが、歯周病菌です。歯の周りについている歯垢(デンタルプラーク)はこの歯周病菌の塊なのです。この菌が歯茎から身体に入り炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし、歯を失わせるのです。プラークは物理的にしか除去出来ません。なので歯周病を予防をするには歯科での専門的な歯周病ケアや日頃の歯磨きの習慣が必要なのです。

歯周病が進行すると、他の消化器系の常在菌のバランスを崩します。それは身体全体の免疫機能を低下させることに繋がるのです。

お口の中を綺麗に!→ 健康な身体に!(免疫力UP!に繋がる)

免疫アップに繋がる食べ物、習慣を少し紹介します(私自身取り入れています)

①発酵食品を食べる(納豆、味噌、醤油)

②お腹を冷やさない(腸が冷えるので、免疫が下がる)

③食物繊維(キャベツ、ナッツなど良く噛んで食べる!)

ダイヤモンド歯科は緊急事態宣言解除後も、皆様に安心してご来院いただける環境を整えております。

院内コロナ対策リンク

https://www.diamondsika.jp/blog/staff/2020/04/post-154.php

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます