歯の豆知識

キッズルーム 全室個室 百合ヶ丘駅そば

歯の豆知識

2020/05/08
Stay Home!お家でできるコロナ感染対策!!!

副院長の宇土です!

ウイルス感染に対抗する歯ブラシの重要性についてです!

歯磨き(口腔ケア)がお家でできる重要なコロナ感染予防って知っていましたか?

インフルエンザウイルスの感染を減らすということは、多くの研究で確実だと思います。では口腔ケアが新型コロナウイルスの感染を減らすかどうか?についての答えは新しいウイルスのため見解は詳しくは出ておりませんが、しかしその可能性はあります。

現在、中国からたくさんの論文が発表されています。これらの論文は、ウイルス感染が「口腔からも始まる」可能性を示しています。今後ますます検証が進むと、コロナウイルス感染の予防には口腔衛生管理が重要であることがはっきりしてくることでしょう。


感染予防には、大切なことは3つ!!!

①手洗い 

②うがい

③お口のセルフケア(丁寧な歯磨き)

そしてプロフェッショナルケア(歯科医院での専門的クリーニング)を心がけてください。また、舌を磨くこともウイルス感染予防に効果があります。

1 感染症予防のために大事なことは、手洗いなど、身体を清潔にすることです。

清潔な体の表面に病原菌は感染しにくいのです。

しかし、手や体、髪を洗うことは心がけていても、お口の中を清潔にすることを忘れていませんか?

実はウイルスと歯周病は密接に関係しています。
ウイルスの感染は、鼻と口と目から起こります。

インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。

お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策なのです。

お口が不潔な方、特に歯周病にかかっている方は、食事のたびにたくさんのお口の細菌が腸に運ばれるため、全身の免疫力が低下するリスクが高まります。

お口に住んでいる細菌が出すタンパク分解酵素は、ウイルスが歯茎の中に感染することを促進します。

ウイルス感染予防のために、お口の衛生管理を心がけて下さい。

特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素をもっています。

歯周病にかかっている方には、ご自身での口腔清掃と共に、歯科医院におけるプロフェッショナルケアもとても大事です。

2 お口が不潔だと肺炎のリスクも高まります

中高年になると誤嚥と言って、食べ物や唾液が気道に入ってしまうことがあります。お口が不潔だと、この時にたくさんの細菌が気管に入って肺にまで至り、誤嚥性肺炎という肺炎を起こしてしまいます。誤嚥のリスクが高い方は、ウイルス性肺炎のリスクも当然高くなります。
さらに、歯茎に住む歯周病菌が血流にのって全身を駆け巡り、体のあちこちに炎症を起こします。また、歯ぐきの炎症により作られた炎症を起こす物質(炎症性物質)も血流にのって全身へとばらまかれます。その結果、体の免疫が乱されてウイルス感染による炎症症状が進みやすくなってしまいます。

ダイヤモンド歯科では、コロナウイルス予防対策は万全に行っております。

お口の中をしっかりキレイにすることが自分を守ることにつながります

こちらも合わせてお読みください!

コロナウィルス感染防止対策2

https://www.diamondsika.jp/blog/staff/2020/04/post-154.php

 

「歯医者に行くとコロナの感染リスクは上がるの??」

https://www.diamondsika.jp/blog/staff/2020/04/post-153.php

当院での新型コロナウイルス対策の取り組み

https://www.diamondsika.jp/blog/staff/2020/03/post-145.php

2020/04/20
味覚障害はなぜ起こる?

みなさんこんにちは。勤務医の後藤です。

暖かい春の日差しが感じられる季節になりましたね。

世間では、非常事態宣言が全国化され、より良い自粛を図っていきたいところです。

患者さまとお話をしていると、外に出れないから家で出来る新しい趣味を見つけたり、新しい事にチャレンジされている方もいらっしゃいました。自粛をポジティブに捉えていてとても良いことだと思いました!

本日は味覚障害のお話をしようと思います。

まず味覚とは、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」の4基本味覚をはじめとする様々な味覚があります。この味覚を伝達するのが味蕾という味覚受容器です。

実は味を感じる組織は舌だけではありません。

味蕾は舌では表面の乳頭中に、軟口蓋・咽頭では粘膜直下に存在します。舌乳頭が何らかの原因で萎縮・減少すると味蕾の数も減少し、味覚が減退することとなります。

味覚障害には種々の原因が考えられます。

味覚障害の原因で多いのは亜鉛欠乏性味覚障害と薬剤性味覚障害、口腔乾燥が代表的です。

ほとんどの味覚異常は末梢性で、味の伝達を行う味蕾の減少・萎縮、さらには唾液中の非生理的物質が排泄され、それが異常な味物質として働くことにより生じます。

その他に心因性や、嗅覚が低下する風味障害、全身疾患、口内炎などや、味覚を伝える末梢・中枢神経の障害によっても起こります。

主要症状として

・味が薄い、わかりにくい(味覚減退・脱失)

・塩味など特定の味だけわかりにくい(解離性味覚障害)

・何を食べてもまずく感じる(悪味症)

・何も食べていないのに口の中に味がする(自発性異常味覚) 

・においがわからないので味がわからない(風味障害) 

といった種類があります。

味覚の働きとして、食べ物を識別し選択することにも役立っているため、生体恒常性を保つための重要な役割を果たしています。

味覚障害の治療については、原因に亜鉛不足が関係することが多いので、もっともよく行われるのが亜鉛補充療法です。補充療法中には月1回程度血清亜鉛値測定と味覚検査を行い、数値が改善しにくい場合は亜鉛を含むサプリメントを追加します。味覚の改善には12か月かかることが多いです。

口腔乾燥や鉄欠乏、ビタミンB群の欠乏が想定される場合はこれらの治療も併せて行い、漢方を用いることあります。

ひとえに味覚障害と言っても多くのことが考えられます。気になることがありましたらご相談いただくことをお勧めします。

2020/03/18
矯正っていつから始めればいいの?


こんにちは、勤務医の菊地です! 最近は少しずつ春の陽気を感じることが多くなってきましたね。 今回は矯正治療の時期についてお伝えします。

子どもの口腔に関してチェックするポイントとして、最近は「むし歯菌の伝播予防」について多く の保護者様が意識していることから,子どものう蝕は減少傾向にあります。この傾向に伴い,子ども の口腔に関する保護者の心配事・関心事は「歯並び」についてが多くなっていると私自身感じて います。

成長していく子どもの口腔内を見ているうちに気になることも増えて1歳くらいの小さな頃から多 くの質問を受けます。歯列や咬合の不正は遺伝も大きく関与しますが,それを引き起こしている"一 因"があるかを確認することが必要です。例えば、指しゃぶりや爪かみなどの習癖があれば、歯並 びや咬合への影響もあります。その他にも、姿勢(頬杖,うつぶせ寝,猫背などで不正咬合が起きやす い場合もある)が関与していることあります。

乳歯列期では,特に反対咬合,上の前歯が明に出ている前突が心配されますが、反対咬合については まず保護者様の噛み合せも確認するとよいでしょう。保護者様自身がたとえ前歯部は反対咬合で なくても、下顎が上顎よりまに位置する場合がございます。そのような場合も「矯正治療確定」 ではなく,治療の可能性があるということであり、成長を見守りながら,歯列や噛み合せを定期的に チェックしていくことが勧められます。しかしながら、反対咬合などを有するお子様で、お食事の 際にうまく噛むことができない場合は早めに矯正専門医と連携をしながら対応していく必要があ ります。個人差はございますが、6~7歳頃に(前歯の生え変わり、6歳臼歯のはえている状況) 矯正治療が必要かどうか判断しています。子どもの成長を見守りながら、矯正治療の時期を検討 しましょう。

当医院でも矯正専門医と連携をとっております。ただ単に「矯正治療をしましょう」と勧める のではなく、保護者様自身の咬合や矯正経験の有無、どのような矯正で、どの程度の期間行うか なども確認しながら,子どもの成長(未来予想)を検討していくことが必要です。
もちろん, 乳歯列が完成して保護者様がとても心配している、お子様の治療への協力性も心配ない, という場合は、早めに治療介入を考えてよいと思います.その際は,子どもの成長を見守ることの重 要性と、矯正専門医に相談する機会をつくることの大切さ、もしくはかかりつけ歯科医と矯正歯 科医の双方で、今後お子様の成長とともにお口の中の管理ができるメリット等をご説明して、保 護者様が安心できる配慮をいたします。治療を行うことを前提とするならば、治療中も菅理を しっかり行い、「健全なお口」を守るお力添えができればと考えております。

ご不明な点が御座いましたら、遠慮なくご相談ください。

2020/02/14
歯が溶けてる!?もしかして酸蝕症かも!?

副院長の宇土です。

酸蝕症って聞いたことありますか?実は歯科医療現場では、虫歯や歯周病と言った歯の疾患に続く第三の疾患として注目を集めています。

①酸蝕症どういったものなのでしょうか?

酸蝕症は、細菌感染で歯が溶けるのでなく、酸による化学的に歯が溶けてしまうことです。

原因は、胃液などの影響による体質や食事や飲みのもの影響と考えられていますが、現在酸蝕症の原因の主流は生活習慣の変化に伴う酸性飲食物の過剰摂取と考えられています。

 市販飲料水の約75パーセントは歯が溶けてしまうpH値を下回っているそうです。また柑橘系に代用されるようなレモン・オレンジや調味料(ドレッシング・ポン酢・醤油・酢など)も歯が溶けてしまうpH値を下回っています。

これらの食品は子どもから大人まで多くの方が日々食事をする中で含まれており、その摂取の仕方次第では歯が酸に触れる機会も多くなり酸蝕症になってします可能性が高くなります。また、健康食品として「体にいい」とのイメージから日々摂取したり、ダイエットに効くなどの理由から長期間摂取していたり、熱中症対策としてスポーツドリンクなどのペットボトルなどで外出時にチビチビと摂取している結果、酸蝕症なっていることも考えられます。

②虫歯や歯周病とどのように違うのでしょうか?
虫歯や歯周病との違いとしてはお口の中の細菌が関与しないことです。つまり歯磨きだけでは予防できないのです。

むし歯の場合は、子供の歯・大人の歯へ変わる時期・歯茎が下がった歯などは歯磨き不足によりむし歯菌により歯が溶けてしまう。しかし、酸蝕症の場合主な原因が外因性の酸性飲食物の過剰摂取であり幅広い世代が関与しているものと考えています。10代~30代では、炭酸飲料・柑橘系ジュースなど酸性飲料をよく好み、60代~80代では、果実や梅干しや酢物など酸性食品を食べる傾向にある

③酸蝕症が出やすい場所

胃酸の逆流など胃酸が拡散した場合は、上の前歯の裏側や下の奥歯の頬側と噛み合わせの面に及ぶことがある。また酸性の飲食物の場合、柑橘系果汁の場合「かじる」ということで上の前歯の唇側に見られる。また炭酸飲料やお酢などの場合、頻度が高いと奥歯の頬側や下の奥歯のか噛み合わせに影響することもある。

酸蝕症は生活習慣に大きく関わっています。そのため一人一人違います。そのためお口全体を細かく観察することが必要です。当医院では、マイクロスコープ(歯科顕微鏡)を用いてお口の歯一本一本を拡大し診査・診断・相談いたしますのでご心配であれば受診をお勧めいたします。

2020/01/27
予約が取りやすくなりました

副院長の宇土です。

予約が取りづらい状況でしたが、11月よりドクターと歯科衛生士さんの増員により、今までよりも予約が取りやすくなりました。

お困りの方は、ダイヤモンド歯科までご連絡ください。迅速に対応いたします。 0449590648

2016/10/30
知覚過敏

寒い季節になってきましたね!

この時期に増えるのが「知覚過敏」です!

CMやインターネットなどで頻繁に目にするようになってきましたが、実はこの「知覚過敏」噛み合わせによる原因のことが多い事は知っていましたか?

昔は歯ブラシのし過ぎなどと考えられていましたが、原因は歯ぎしりが原因で楔状欠損(歯ぐきの境目の歯がかけてしまう)ができ、そこから冷たい外気などが触れると痛むということです。

治療はコーティングをする他に、硝酸カリウムを含む歯磨きの使用や、適切に調整されたマウスピースをつけることで緩和します。

この適切にというところが大切です!

全く調節していない、特に前歯の接触の無いマウスピースはお勧めしません。しっかり、噛み合わせの知識を持った歯科医師にマウスピースを作成してもらいましょう!

スクリーンショット 2016-10-30 17.44.55.png

2016/09/10
原点

院長の宮島です。

私の原点になっているのが、眼科医の父の言葉です。

「患者さんを自分の親、兄弟、子供だと思って診なさい」

毎日最高の治療は?と自問自答しながら診療に当たりたいと思います。

そして最近最も影響された言葉は後輩に言われました

「この方を一生診ていく気持ちですね」

この地域で患者さんの人生を支えていくという覚悟を固めた言葉でした。

百合丘というこの地域で1番患者さんを幸せにするの医院になりたいと思います。

ダイヤモンド歯科をよろしく御願い致します!

  • 1

月別アーカイブ

当院の内部がご覧になれます