新百合ヶ丘のダイヤモンド歯科 神経温存療法

キッズルーム 全室個室 新百合ヶ丘駅そば

神経温存療法

従来の虫歯治療では大きい虫歯は神経を取ることが一般的ですが、最新の治療方法では神経が露出しても適切な診断と適切なMTA充填にて神経を守ることが可能になりました。
*注意 痛みの程度、虫歯の深さ、神経の状態によって残せるかを判断します。全ての神経が温存できるわけでは有りません。

  • 神経温存療法

    1

    詰め物が簡単に剥がれました。

  • 神経温存療法

    2

    青い部分が虫歯です。

  • 神経温存療法

    3

    神経が大きく露出しています。

  • 神経温存療法

    4

    MTAを詰めました。

術前

  • 神経温存療法
  • 神経温存療法

術後

(3年後のレントゲン及び神経の反応もありました)

  • 神経温存療法
  • 神経温存療法

当院の内部がご覧になれます