新百合ヶ丘のダイヤモンド歯科 スタッフ紹介

キッズルーム 全室個室 新百合ヶ丘駅そば

スタッフ紹介

院長 宮島大地

院長 宮島大地

略歴
  • 長野東高校卒業
  • 神奈川歯科大学卒業
  • 神奈川歯科大学臨床研修
  • 横浜麻酔専門医無痛治療センター勤務
  • ヤガサキ歯科副院長
  • ダイヤモンド歯科院長就任
  • 百合丘ルミナス保育園嘱託医
所属学会
  • 日本顕微鏡歯科学会(認定医)
  • 日本歯周病学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本小児歯科学会
  • ICOI国際インプラント学会
  • BLSヘルスプロバイダー
  • 横浜漢方研究会
  • 吉田会
参加勉強会
  • 井澤常泰先生マイクロ実習エンドセミナー
  • ストローマンインプラントベーシックコース
  • 中野予防歯科研究会外科コース
  • 救歯塾
  • ハーバード大学CEコース
  • 三橋純先生マイクロスコーププラベートコース
  • その他多数

歯科医師 宇土武典

略歴
  • 神奈川歯科大学卒業
  • 神奈川歯科大学臨床研修
  • 医療法人社団 山水会 杉山歯科医院 勤務
  • ダイヤモンド歯科 勤務
所属学会等
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会
  • 中野予防歯科研修会
  • Performance Logic Society (PLoS)
参加勉強会
  • Kerr 2012 ダイレクトボンディングセミナー 
  • Postgraduate course of Periodontal surgery
  • straumann プロダクトコース 
  • Emdogain Gel 認定コース
  • スウェーデン式 カリソルブ・ペリソルブ認定医
  • 日本スポーツ歯科学会 マウスガードセミナー
  • 日吉歯科診療所 オーラルフィジシャンセミナー
血液型 A型
趣味 中学・高校・大学と野球部に所属し今では草野球が趣味です。 夏は、BBQ 冬は、スノーボードとアウトドアが好きです。
年間目標 自分の限界を自分で作らない
昨日より今日 今日より明日 常に上昇志向
元気が出るセルフトーク 一期一会
患者様へのメッセージ お子様からご年配の方まで安心して受診できる気持ちを大切にした診療し、一 人一人にあった良い治療を心掛けています。

ご挨拶

患者さまに、「ダイヤモンドのように輝く笑顔」をつくりたい。

それが、私が川崎市麻生区新百合ヶ丘のダイヤモンド歯科を開院した理由です。

また、「痛い・怖い・行きたくない」という歯科医院ではなく、もっと、患者様が「痛くない・楽しい・行きたい」と思うような歯科医院にしたいと思っています。

患者様に安心して、落ち着いて診療を受けていただくために川崎市麻生区新百合ヶ丘のダイヤモンド歯科は全室個室になっています。

また、お子様、子育て中のママも安心して通えるように、当院にはキッズルームがあり、そのキッズルームで遊んでるお子さんが、そのまま診療室に行けるようにつながっています。

医院の内装・外装を含めた雰囲気もホテルのラウンジのような居心地の良い空間作りにこだわりました。

まだ、ほとんどの方は「歯医者は痛くなったら行くところ」と思われてるようですが、痛くなってから治療していると、歯を残すことはできません。

痛くなる前に予防することが大切です。
ですので、予防専用ルームも作りました。

私は、歯科医療とは、単に患者様の悪い歯を削って詰めるだけのものだとは思いません。

私は歯科医療を通して、患者様にダイヤモンドのように輝く笑顔を造り、その輝きを維持することで、患者様の人生を幸せにするお手伝いをしたいのです。

院長 宮島大地の歩み

幼少期

長野県長野市で三兄弟の次男として産まれました。産まれたときは3000gのビックサイズに、みんなにお相撲さんになると言われていたほどです。

父と母は眼科医をしており、地元でも信頼される姿に将来自分も「自分の技術(手先)で人を幸せにできるような職業に就きたいと自然と考えていました。

小学生のころは野球少年で地元の小さなチームでピッチャーをしていました。
学校では副生徒会長をやっていました。

中学校

中学にあがると、衝撃的な出会いを果たします。
「ザ・ブルーハーツ」との出会いです。テレビに写るボーカリスト甲本ヒロトは、憧れの英雄でした。それから祖父にギターを買ってもらい、放課後は友達と自宅で演奏を楽しんでいました。とにかく熱中したことをとことんやっていました。

高校

高校にあがっても、その熱は冷めずに、音楽を続けました。
しかし、決してミュージシャンになりたかった訳ではなく、将来の夢は「自分の手(技術)で人を幸せにしたい」ということは変わりませんでした。

そして、はじめに志した道はなんと「板前」でした。
お正月テレビでやっていた特番で、高校を卒業し、料亭に弟子入りして、先輩板前の厳しい修行に耐えながら、大きくなっていく青年の姿をみて、「自分もこうなりたい」と夢見ました。その頃、料理を練習していたこともあり、今でも週に何度かキッチンに立ちます。

板前を目指していた私でしたが、仕事から帰って来た父親の何気ない一言が「医療」を志すきっかけとなります。「お父さん、どうして眼科医になったの?」との問いかけに、父親は「自分しかできない仕事がしたかった」。その言葉は、地域から必要とされている父親を表すには十分すぎる一言でした。

それから、父親も医師、母親も、結果的には兄弟とも皆医師。
「自分にしかできないこと」は何かを考え続けました。

幼い頃から手先には自信があったので、自分にしかできない細かい仕事がしたいと考え、思いついたのが歯科医師でした。

幼い頃に一度だけ、虫歯の治療を受けた記憶をよみがえらせると、それは決して、いい思い出ではありませんでした。マスクをつけた顔の見えない先生が、いきなり注射をして、歯を削る轟音だけが記憶にありました。

よし、自分は正反対な歯科医師になろう、そう決めました。勉強は大変でしたが、歯科大学に進学を決めた自分を、何人もの先生が付きっきりで教えてくれました。合格通知が来たときには、職員室で何人もの先生が一緒に合格を喜んでくれました。中には涙を流してくれた恩師もいました。

大学時代

なんとか無事大学に合格し、横須賀で学生生活を送りました。
現在の妻とは、大学一年生の春から、同じ教室で勉強をしてきた同級生でもあります。

高校までの勉強はあまり打ち込めなかった自分ですが、専門的な授業しかない大学の講義はまさに水を得た魚、勉強がこのころから好きになりました。臨床的な教科になるにつれ、成績もどんどん上がっていきました。

横浜勤務医時代

大学の先輩の勧めで、港南区の「別部歯科医院」に勤めました。
人生最大の恩師との出会いです。院長先生は大学の臨床教授をやられているスペシャリストでした。歯科医療の全てを叩き込まれました。それはまさに、自分が思春期に思い描いていた板前の修行生活でした。

「靴を揃えなさい」
「トイレを綺麗に使いなさい」
「物を大切にしなさい」
「保険だろうと、自費だろうと、できる最高の治療をしなさい」

自分の不甲斐なさに涙を流した時もありました。

そこでマイクロスコープとも出会いました。マイクロスコープのスペシャリストになりたいと院長先生に相談し、次の医院に移る決意をしました。そして多摩区の「ヤガサキ歯科」に就職しました。マイクロスコープを全ての治療に使用するスペシャリスト院長の指導の元で、さらに修行を続け、去年には日本最年少で日本顕微鏡歯科学会認定医を取得することができました。

そして現在に至ります。進化を止めることなく、生涯勉強を続けていくつもりです。

あとがき

中学生の頃にはじめたギターは今でも続けています。
人生は不思議で、何年か前に憧れの英雄(「中学校」に載っています)とも共演を果たせました。最高新記憶です!

当院の内部がご覧になれます